葉酸サプリは副作用の心配はないの?

サプリメントを利用すると、普段の生活ではなかなか摂取できない栄養素を簡単に補えることが可能になります。特に亜鉛やビタミンなどは普段の食事だけでは摂取が難しいので、非常に有効的です。

さらに、ビタミン類に分類される葉酸は妊婦さんにとって非常に重要な栄養素です。なぜなら、葉酸は赤ちゃんの細胞分裂や細胞の成長に関わってくるからです。

また、先天異常のリスクを下げる研究結果も出ています。厚生労働省からも受胎前後から妊娠初期までの葉酸摂取を推奨しています。

もちろん、過剰摂取等を続けていると副作用が現れる場合があります。不眠症や吐き気、かゆみやむくみ、食欲不振等が副作用に該当します。

関連情報:葉酸サプリに副作用の心配はある? | 葉酸サプリ完全ガイド

また、添加物が含まれている場合は服用前に必ずチェックしておきましょう。最悪の場合、染色体異常を起こす場合があるからです。

しかし、容量・用法をしっかりと守り添加物等を事前にチェックすることで副作用の心配はほとんどありません。

葉酸サプリを上手に飲んで、元気な赤ちゃんを産む体つくりを目指してみましょう。

葉酸の摂りすぎにも注意!

葉酸は、特に妊娠初期に意識して摂取するとよいとされている栄養素です。

水溶性のビタミンであるため、大量に摂取したとしても過剰分は尿などで排出されるので過剰症にはなりにくいと考えられますが、それでも摂りすぎには注意が必要です。

一日当たり1~10mg摂取してしまうと過剰となり、発熱、じんましん、呼吸障害、食欲不振やむくみといった症状が出たり、生まれた赤ちゃんが小児喘息になるリスクもわずかながら高まるといわれています。

また、葉酸にはビタミンB12とともに赤血球を作る働きがあります。これらの栄養が足りないと、正常な赤血球を作ることが出来ず、巨赤芽球性貧血を引き起こしてしまいます。

さらに、ビタミンB12の欠乏が原因だった場合、貧血に加えて運動失調などの神経症状も現れます。葉酸を過剰摂取していると、このビタミンB12欠乏症の診断が遅れることがあり、結果的に神経症状を悪化させてしまうというリスクもあります。

葉酸サプリのおすすめの飲み方

葉酸は、動脈硬化の予防や認知症・聴力低下を防いだりする効果があるといわれています。葉酸サプリは特に妊婦に人気があり期待する効果としては、妊婦が葉酸を摂取することで胎児の先天性異常を防ぐ効果が期待されています。

そんな葉酸サプリですが、飲み方に気を付ける必要があります。

まず、葉酸は水溶性のビタミンのため、大量に摂取すると尿として排出されてしまうので、分けて飲んだ方が効率よく葉酸を摂取することができます。さらに、食間に飲んだほうがより効率よく吸収できます。

最も葉酸サプリの摂取タイミングとして推奨されているのは、朝・昼・就寝前の食間に取ることだと考えられます。

ただ、空腹の状態で摂取するとお腹を壊してしまうような胃腸の弱い方は、食後30分までに飲むことをおすすめします。このタイミングで飲むと、葉酸を吸収しやすくなるからです。

また、葉酸は水溶性ビタミンのため水と一緒に飲んだほうが良いです。コーヒーや緑茶などのカフェイン飲料は、葉酸の吸収を妨げるので注意が必要です。

 

Comments are closed.